スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリと無添くら寿司 うな丼

今日はリハビリのサイクリングを50㎞程。特に痛みはなし。
土用の丑の日?ということだったので無添くら寿司さんのうな丼を試しに
20140729-002.jpg

くら寿司さんは前から回転ずし屋さんとしていってみたかったので丁度良い機会と思って
20140729--001.jpg
業界最安値のうな丼とのキャッチコピーがありましたが、最安なだけあってイマイチなうな丼でした。
鰻の量に対してごはんが多く、ごはんが半分くらい余ってしまってどうしようかと・・・
うなぎの味はまぁまぁでしょうか
お寿司に関してはスシローとの比較ですが若干高い目かも
スポンサーサイト

AZ Chain degreasar

今日はエーゼットさんのチェーンディグリーザーです。

今まではチェーンやスプロケは灯油で洗っていたのですが灯油が切れてしまったので
どうしようかと迷っていた所、割と低価格で使えると評判のこちらを発見したので試してみる事に。
20140729-001.jpg

100均で買った金属の桶?にチェーン共々敷き詰めます。
20140729-002_201409102248532c5.jpg

こちらが今日の主役。
500mlで400円ほどと普通のディグリーザーの半額位。
植物性で水溶性の為、灯油に比べて扱いが楽です。
20140729-003.jpg

ムース状の本剤をたっぷりかけます。50mlくらいの消費量。
20140729-004.jpg

暫く漬け置いてそのまま水で流したら殆ど汚れは落ちませんでした。
なので、もう一度振りかけてからヒゲそり用のブラシで擦ったらピカピカになりました。
20140729-005.jpg
ただ、黒いスペーサーは焼けたように所どころ色が落ちてしまいました。アルマイト等は色が落ちると書いてあったのは本当だったようでうす。

パーツを綺麗にすると気持ちいいですね。
20140729-006.jpg
使った感想は、汚れも落ちるし何より扱いが簡単なのが気に入りました。
お薦めです。ただ、近所のDIYとかでは何故か置いておらず、通販で購入。

玉川上水取水堰とシュトゥーベン・オータマ

今日はまた玉川上水の脇道が走りたくなってしまったので、ついでに羽村の取水堰まで行ってみる事に
西部拝島線の武蔵砂川駅辺りまで来た所で川沿いの道が細くなってしまい以降は一般道で


相変わらず出発が遅かったので、取り敢えず腹ごしらえということでシュトゥーベン・オータマさんへ。
こちらは大多摩ハム工場さんがやっているレストランで東京のブランド豚肉、TOKYO-Xを使った料理が美味しいとの事。
20140728-003.jpg

ランチセット幾つかあるのですが、今回は東京エックスランチを
20140728-002.jpg
東京エックスのヒレ肉を使った豚カツやハム、ソーセージが数種類、一度に色々食べられるのでお得なセットでした。
結構、肉肉したセットなのですがザワークラウトが以外に美味しく。いい箸休めになります。
書いててまた食べたくなってきた…(涎)

ご馳走様でした。

玉川兄弟像
20140728-004.jpg

本来の目的、取水堰
20140728-005.jpg

更についでの多摩川サイクリングロード終点
20140728-008.jpg

阿蘇神社
20140728-006.jpg

阿蘇神社の下に小さな取水口があって多摩川なのに結構綺麗!小学生や家族連れが泳いでいました。
水は結構冷たいみたい。小さい頃にこんな所が近所にあったら良かったのにな~羨ましい。
20140728-007.jpg

玉川上水の帰りはいっつもなんだかお疲れ。どっか休める場所を探さないとダメだ・・・

牛丼すき屋 うな牛

今日は牛丼すき屋さんのうな牛です。


前に吉野家さんでうな丼を食べたとき、ごはんがあまってしまい、あぁ~これを牛丼でたべられたらなぁと思った事があり、
この牛丼とうな丼を合体させたメニューなら前回の不満を解消してくれるのでわ!?
とゆうことで試してみることに。
20140727-001.jpg
うなぎは吉野家さんよりもレトルト感は無く、もう少しちゃんとした食感。牛丼はちょっと味が濃い目に感じました。
それぞれ個別にはまぁまぁなのですが・・・それぞれのタレと汁が混じったごはんで食べるものですから、
食べ進めると味が混ざってしまい何を食べているのかワケワカラン状態に・・・
う~ん、これ失敗なんじゃ・・・・


大戸屋 かつ重

今日は大戸屋さんでかつ重です。


数年前に食べた時かなり美味しかった記憶があったので久しぶりにガッツリ食べたくなったので
20140724-001_20140829232500f14.jpg
・・・と、アレ?こんなに筋張った肉だったかなというのと味がちょっと薄いような・・・
卓上のソースかけて食べるくらい味無いんですけど・・・

AVEX ペコスオートスパウト

キャメルバッグ ポディウムの飲み口部分を洗った際にどこかにやってしまったらしく
どうにも出てこないので交換用の飲み口を買おうと思ったら、なにやら面白そうな物が発売されていたので
ちょっと買ってみました。要はポディウムに蓋を付けたボトルなのですが、今までありそうで無かった
商品です。ポディウムのボディには合いましたが、ポーラーは駄目でした。
20140723-002.jpg

飲み口手前のボタンを押すと蓋が跳ね上がり飲み口が出てくる仕組み。
衛生的ですが、ボトルケージにある状態でボタンを押さないと位置的に押しにくく
これまでよりワンアクション増えるので最初は面倒くさく感じましたが、慣れればまぁ普通。
20140723-001.jpg
キャップ部分だけで結構重量がある。あとは耐久性がどれくらいかといった所、2年は持ってほしい。

リハビリ16回目?

リハビリがてら都内をブラブラ40kmほど。
走っている間から脚の痛みあり、帰宅後も寝るまでずっと痛みあり、初めての症状。
翌日は痛みは出なくなった。

首相官邸裏の日枝神社。
20140721-001.jpg

牛丼松屋 牛丼並み盛

今日は松屋さんで普通の牛丼です。
普通の牛丼は7月21日で最後、以降はプレミアム牛丼になってしまうと聞いたので。
今回は用心してツユダクで注文。
20140718-001.jpg
やっぱり牛丼は普通が一番。
ご馳走様でした。

イグル氷菓とモスカフェ

昨日も乗ったのだけど、連日のツール観戦で自転車欠乏症が悪化?してしまった為
久しぶりに江ノ島まで。
それにしても、今年のツールは序盤からスプリンターのカヴェンディッシュに昨年優勝のフルーム、
更にコンタドールまで落車でリタイアという大波乱の展開でちょっと呆然。
有力候補がいなくなってしまい若干、総合優勝争いが冷めてしまった感のある今年のツール。
少しはニーバリを苦しめる選手が出てこないとつまんないぞ。

ま、それは置いておいて、江ノ島のイグル氷菓さんです。
20140715-002.jpg

以前に食べたマーケットSE1の系列店?とのことですがこちらは棒アイスがメインな模様。
20140715-001.jpg
いちごミルクをいただきました。火照った身体に凍みるアイス、ご馳走様でした。

境川を下っている間は熱風だったのですが、江ノ島の橋まで来ると風がひんやりしていて気持ちいい!
海の方が暑いかと思っていたけど、涼しいんですね。知らんかった。
20140715-003.jpg

リハビリの予定を無視して100kmコースに出てしまったのでしっかり休んで置こうと思い
モスカフェで昼飯をいただくことに。
20140715-005.jpg
モス久しぶりだったのですがバーガーがちょっと小振りになった?
でもマックより野菜が多いので結構好き。
20140715-004.jpg
ここのスムージーもいちごを頼んでしまった。頼んだ後でさっきのアイスとかぶってる・・・
と思ったけど、このスムージーうめぇ!
家でイチゴをつぶして牛乳と練乳入れて作るヤツみたいな味だけどあの味が外で食べられるって
ちょっと新鮮。イチゴの味がしっかり堪能できるいい品です。
ご馳走様でした。

帰りは案の定、町田を過ぎたあたりから体力的にキツクなり、稲城を超えるあたりでゾンビ状態でした・・・。
自転車での膝の痛みは無かったものの体力が落ちているのを痛感。
お疲れ様でした。

リハビリ15回目くらい?

回数は忘れてしまった。故障してから約3ヶ月。
自転車は乗れるものの、日常生活での膝の痛みは変わらず。
今日は御茶ノ水駅付近まで50km程。自転車では痛みは出ず。
20140714-001.jpg

牛丼松屋 プレミアム牛丼

今日は松屋さんでプレミアム牛丼です。
20140713-002.jpg

先日、無性に牛丼が食べたくなった際、一度来店したのですがメニューにプレミアム牛丼しかない(普通の牛丼が無い)
のを見て、何というか所謂これがイヤな予感しかしない・・・っていうヤツかと思い。早々に店を後にしたのですが
マクーさんやシバPさんが喰え喰えと言うので、あぁ罠と判っていながら敢えて突っ込むっていうのはこういう事か・・・
と思いつつメニューをポチッと。
20140713-001.jpg
たぶん普通の牛丼と同じだったんだと思うけどツユが圧倒的に足りなくてほとんど味しねぇ・・・みたいな
後からezbfuniさんから聞いた話だとプレミアムとは冷凍していない牛肉を使っているからとの事だとか
これまでは松屋さんの牛丼好きだったんだけどな・・・。

リハビリ14回目くらい?ZIPP404アルミカーボンクリンチャー

このバイクのホイールはトライアスロン用と思ってアルミクリンチャーZIPP404のリムに
アルテ6600のハブで手組みしてもらったモノで平地では本当にスムーズに回ってくれるのだけど
重量がかなりあるので、これまで登りの評価はしてこなかったんだけど、
気まぐれで聖跡のいろは坂を登ってみた。
20140711-001.jpg
なんというかタイヤが地面にへばりつくような異様な重さでした。まぁ想像通りでしたがね・・・。
鉄下駄という意味ではとてもいいホイール(寂笑)。

バイク自体は脚の故障もあって暫くはトライアスロンも出場しないので、普通のポジションに調整しなおす予定。

大戸屋 板うどんと、とりカツどん

先日食べたうどんが今ひとつだったので、割とお気に入り大戸屋さんの板うどんが食べたくなり、
久しぶりに注文。


あれ・・・?前まではかなり美味しかった記憶があるうどんが今ひとつ・・・
コシはあるのになんか違う。体調悪いのかな?
とりカツ丼はいつもの美味しさでした。

ご馳走様です。

ヘイズ so1e ディスクブレーキ オイル交換

ここ何年かは近所のスーパーかコンビニへ行くくらいしか使ってなかったMTBなので
自分でもちょっとブレーキの効きが悪いかな~とは思っていたのですが、あまし気にしていませんでした。
ですが先日、たまたま、むらさんぽさんがブレーキを握った所、ゆる過ぎて乗れネーヨ!との御指摘。

その時はそんなかなぁ?と思ったのですが、言われてみると確かに緩いかも・・・・・・?。
購入から早や9年、一度もブレーキオイルの交換なんぞしてこなかったので
いい機会と思ってブレーキフルードの交換をする事に。

交換するブレーキフルード ホンダのDOT4 1000円程。
フルードオイルを拭き取る為の無水エタノール。これも1000円程。
20140626-004.jpg

オイルを注送するシリンジ。アマゾンで送料込み500円程。
使い捨てのゴム手袋、片側で3セット+予備1。
細いタイラップ。キャリパー側のオイル注入口とチューブの固定等。
20140704-002.jpg

アーレンキー2mm、4mm、5mm。
錐。レバー側のマスターシリンダーのオイル排出用?丸蓋をひっかけて開ける為。
パーツクリーナー、ワックス、ボロ切れ沢山。ビニールテープ。
メガネレンチ100均ダイソー。オイル注入口の開閉。
20140704-001.jpg

レバー位置のリセット
ブレーキレバーの開き等で効きの調整をしている場合、レバーの位置を好みの場所に戻して置きます。
画像中央の2mmのボルトを緩めるとレバーが開き、閉めると閉じて行きます(逆だったかも?)。
20140704-005.jpg

パッドを外します。
オイルまみれになるので、キャリパーをフレームから外してパッドを抜き取ります。
見易いようにホイール側の蓋を外しています。ホイール側を動かす場合は2mmの固定ボルトを緩めてから行います。
20140701-006.jpg

画像中央の窪みが2mmの固定ボルト
20140704-003.jpg

右下の窪みにパッドのつまみがあるのでこれをペンチで掴んで外します。
運用状態のパッド位置だとクリアランスが狭く外せないので左右ともパッド位置を少し広げてから外します。
パッド裏は磁石で張り付くようになっているので少し力を入れると浮き上がります。
20140701-007.jpg

パッド抜き去り後
20140701-008.jpg

レバー側を準備します。
レバーは余った?ハンドルをスタンドにビニールテープで固定し、そこに固定。
なるべくキャリパーと一直線で上下になる高さに調整。エア抜きの為。
画像中心の丸蓋、リザーバープラグがマスターシリンダーの排出口です。
錐やマイナスドライバーなどでこじって引き抜きます。
20140701-001.jpg

オイル交換用のブリードキットがあると思うのですが見つからなかった為、ハンズでシリコンチューブを購入して自作。
ブレーキクリーナーのノズルを切って内径2mmのシリコンチューブに挿したモノ。
20140626-002.jpg

上記のノズルを挿し、ここから空気やらオイルやらを排出します。
20140626-003.jpg

排出されたオイルを貯めるキャッチタンクはペットボトルで代用します。
古いオイル排出後こちら側から空気が入らないようにする為、チューブがボトルの底に付くようにします。
今回は約30cmでしたが余裕を持って50cmくらいあったほうが良いかも。
20140701-005.jpg

キャリパー側を準備します。
キャリパー側のオイル注入口。ゴムの蓋は取り外しておきます。
20140704-004.jpg

フレームからキャリパーを外し、スタンド等を利用してシリンジとキャリパーを固定します。
その際。6mmのメガネレンチをキャリパー側のニップルにかけた状態で
内径5mmのチューブ約20cmをニップルに挿し、タイラップで固定。
チューブとシリンジを繋ぎます。
20140701-002.jpg

セッティング後。シリンジの押子、プランジャーは外して置きます。
各チューブの長さは作業環境によって変わると思いますので長めに買ってカットして使うのが良いでしょう。
20140626-001.jpg

新しいオイルの注入準備をします。
ここまでセッティングした状態で、キャリパー側のニップルを開放すると
ブレーキ内のオイルがシリンジ側に上がってきます。
20140701-003.jpg

見えにくいのでアップで
ここまで上げてしまうと新しいオイルと混ざってしまうのでチューブの途中まで上がったらニップルを閉め
シリンジにDOT4のオイルを注ぎます。途中に溜まったオイルはチューブをつまんだり、指で弾いたりすると
簡単に上に上がります。その後、押子を挿します。
オイルは余裕を持って50cc程入れます。
押子を挿したら、再びニップルを開放し(2/3から1回転くらい?)、プランジャーを押してオイルを入れ替えます。
20140701-004.jpg

プランジャーはゆっくり押します。押せない時はキャリパー側のニップルを更に緩めます。
力で押し込むと梨汁ブシャー状態になりますよ・・・・・・(経験談・・・)。

レバー側、マスターシリンダーのオイル排出口から古いオイルと空気がキャッチタンクに排出されます。
(画像ではチューブが浮いていますが、オイル面に付く様にしないとエアーが戻る可能性があります)
新しいオイルは色がより透明なので、それが出てきたら押子に圧を掛けながらキャリパーのニップルを閉めて
ブレーキ内のエア抜き作業に移ります。
20140626-005.jpg
有効な排出方法は良く判りませんが
①ブレーキホースや各部をポンポンと叩く。チョップする?
②ブレーキレバーの位置を色々動かしてレバーを弾く。(今回はこれで一番エアーが出ました!!!)
③10分ほど待ってから①と②をもう一度やる。
でしょうか?エア抜き方法は他の方法もチェックした方が良いかも知れません。
排出後、マスターシリンダーのリザーバープラグを挿し、レバーを握ってタッチが硬くなっていたら
エア抜き成功です。硬くなかったら再び排出チューブをセットしシリンジ側からオイルを少し入れて
再度エア抜きをします。

ともかくレバータッチが硬くならないという事は、ブレーキ内に空気が残っている証拠です。
時間をかけてしっかりエア抜きをしましょう。

準備と後片付けそれに根気がいるので、初めてやる時は3~4時間くらいの作業時間は
確保した方がいいかもしれません。
フロント側は3~40分でしたがリア側のエアが抜けずてこずりました・・・。

モーターバイクやMTBメインの方なんかはブレーキオイルの交換等はよくやるメンテなのでしょうが、
オンロードの自転車をメインにしている自分には解らない事も多くかなりの労力がかかりました。
(ほんっとに疲れた・・・)
なので、ここまでやっておいて言うのもなんですが、ブレーキ調整は自転車屋さんに頼みましょう。マンドクサイYo!

無事、エア抜きが完了した後は各所に付いたフルードオイルを無水エタノールで拭き取ります。
DOT4オイルは塗装を侵す為、放って置くと塗装がボロボロになります。
無水エタノールで拭き取る時間が遅いと艶が消えたりします。
拭き取り後、ワックスで磨いておくのが拭き取り漏れを防ぐ意味でも良いと思われます。

20140626-006.jpg

やっとで作業終了。
エア抜き前の状態と比べるとレバータッチは雲泥の差です。
以前の状態で良く乗ってたなと・・・・・・、悪い意味で感心しました。
今回は慣れて使っていると危険な状態でも気が付かない事があると教えられました。
むらさんぽさんありがとう。

あぁ後、中腰の姿勢が多いので腰に来るかも、バンテリン系の塗り薬も必要な道具に加えた方が良いかもです。
お疲れ様でした。
プロフィール

chabozzz

Author:chabozzz
FC2ブログへようこそ!

UNIQLO CALENDER
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。